鳥取の伝統食品「とうふちくわ」作り体験

鳥取の伝統食品「とうふちくわ」作り体験
鳥取の伝統食品「とうふちくわ」作り体験
ポイント

鳥取県東部には木綿豆腐と白身魚のすり身を混ぜた、約360年の歴史がある伝統食「とうふちくわ」があります。江戸時代、鳥取藩の藩主が「魚の代わりに豆腐を食べるように」と質素な食生活を推奨したことで誕生したと言われており、「豆腐7、魚3」の割合で配合されたちくわ生地を竹の棒に巻きつけて焼くだけというシンプルなものです。鳥取市にある「とうふちくわLa」では、とうふちくわ作りを体験することができます。是非、体験してみてください。

リンク先